ろろうきんで賢くローン!

ろうきんのローンの種類

ローンの種類
スポンサードリンク

.

「ろうきん」のローンはどんな種類があるの?

ろうきんが取り扱う「ローン」には、さまざまな種類があります。
それぞれのろうきんによって、ローンの名称が違う場合がありますが、タイプ別にみると以下のように分類することができます。
 


Ⅰ.住宅ローン


住宅ローンとは、住宅や土地の購入、住宅のリフォームや増改築、既存の住宅ローンの借り換えなど、住宅に関連する資金に利用するためのローンを総称しています。
住宅ローンは、それぞれのタイプによって金利の違いはもとより、固定金利型、変動金利型、固定・変動の組み合わせ(固定金利選択型ともいいます)、不動産担保型、無担保型、返済期間の違いなどなど、さまざまなタイプがあります。
 
 
住宅ローンを使途などで分類すると、以下のように分類されます。
 
ろうきんの住宅ローン

A.住宅や土地の購入などを目的としたローン
B.住宅のリフォームなどを目的としたローン
C.住宅ローンの借り換えなどを目的としたローン
D.住宅金融支援機構と提携した住宅ローン
 
Aの場合は、住宅・土地の購入、新築資金をメインとしたローンで、通常「住宅ローン」という名称で呼ばれています。住宅や土地の購入、新築以外にも、増改築やリフォームなどの使途も認めている場合があります。(一部のろうきんでは、住宅ローンの借り換えにも対応しています)
金利は固定金利または変動金利、両方を組み合わせたものなどから選択できるのが一般的です。
借り入れ条件として、住宅や土地など不動産の担保が必要なもの(不動産担保型)と、必要でないもの(無担保型)があります。通常、不動産担保型の場合、借入金額上限が5千万円~1億円、無担保型の場合は2千万円程度のものが一般的です。
 
Bの場合は、既存住宅のリフォーム資金をメインとしたローンで、「リフォーム・ローン」と呼ばれることが多いです。こちらもリフォームだけでなく、住宅の購入や増改築資金も認めている場合があります。
金利は固定・変動が選択できるものが一般的です。
不動産担保がいらない無担保型が一般的であり、その分、借入金額の上限が2千万円程度と限定されているものが多いようです。
 
住宅ローンにはさまざまなタイプがあります
Cの場合は、他の金融機関から借り入れた住宅ローンの残債を借り換える使途に限定されている場合が多いようです。また、通常の「住宅ローン」で借換にも対応しているものもあります。

借入金額や返済年数などの違いのほか、金利は固定または変動、組み合わせからの選択、不動産担保型または無担保型などさまざまなタイプがあります。
 
Dの場合は、ろうきんと住宅金融支援機構が提携した長期固定金利型の住宅ローンをいい、「フラット35」や「フラット50」などの商品名のものをいいます。
金利は全期間固定で、他の商品と比較して金利が低い分、新築する(購入する)住宅の品質や借入の条件など、他の商品より厳しい面があります。借入金額の上限は8千万円までとなっています。
 

Ⅱ.マイカーローン


マイカーローンとは、マイカー(自動車やバイクなど)の購入費用だけでなく、マイカー関連用品、マイカーに関連する保険料や車検、修理その他の諸費用、マリンレジャー関連用品・諸費用、可動式除雪機関連用品・諸費用、それらの免許取得費用、それらのローンの借換資金など、その使途は広範囲となっています。
 

ろうきんのマイカーローン
名称についても、「自動車ローン」や「オートローン」、「カーライフローン」などさまざまです。

 
マイカーローンの場合、不動産担保は原則不要となっています。借入金額の上限は500万円~1000万円、返済期間は10年以内が一般的です。
 
マイカーローンのタイプは、多くはありませんが、 金利は固定と変動が選択できたり、生協会員やろうきん会員、その他によって金利を変えているもの、さらには、新社会人や働く女性、低公害車や福祉目的車などの購入を対象とした低金利のものもあります。
 


Ⅲ.教育ローン


教育ローンとは、幼稚園・小・中・高校、大学、大学院・専門学校、予備校、塾、通信教育などあらゆる教育関連施設への受験料や入学金、授業料のほか、保護者会や同窓会、後援会、学生自治会にかかる費用だけでなく、教科書や図書購入費、教材費、学用品購入費、資格取得費用をはじめ、仕送りや就学のためのマンション・アパートなどの敷金、礼金、家賃、光熱費、さらには留学のための渡航費用など、その使途は広範囲となっています。
 

ろうきんの教育ローン
名称については、どこのろうきんにおいても「教育ローン」の呼び方で統一されているようす。

 
教育ローンの場合、不動産担保は原則不要で、借入金額の上限は1000万円~2000万円、返済期間は20年以内が一般的です。金利タイプは固定金利と変動金利から選択選択することができます。
 
また、教育ローンには、一括で借り入れするタイプの「証書貸付型」と、借入限度額を上限として就学期間中であれば何度でも追加の借入ができるタイプの「カード型」の2つのタイプがあります。
さらに、就学予定期間(最長5年~7年)内は借入額のうち利息分だけを返済することが可能となる「据え置き期間」を設定することもできます。
 


Ⅳ.フリーローン


フリーローンとは、使途が限定されずあらゆる目的に利用できるローンをいいます。ただし、事業資金や投機目的、借換えを除く負債整理資金など、生活資金以外の利用は制限されています。
 
名称については、「フリーローン」のほか、「多目的ローン」や「ライフローン」、「フレックスローン」などさまざまです。 

ろうきんのフリーローン
フリーローンの場合、借入金額は100万円~1000万円と幅があり、少ない金額の場合は原則担保不要ですが、金額が多くなると有担保になります。返済期間は5年~10年が一般的です。
 
フリーローンの金利は、固定金利と変動金利から選択でき、保証は保証機関が行うので保証人は原則不要ですが、保証料はろうきんが負担する場合と金利に上乗せするタイプがあり、各ろうきんによって違います。

また、ろうきんに給与振り込み口座を持っているとか、他のローンを契約しているとか、財形貯蓄をしているとか、公共料金の引き落としを利用しているなどにより「優遇金利」が適用される場合もあります。
 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Ⅴ.カードローン


カードローンとは、カードを使ってろうきんや金融機関、コンビニなどのATMから、借入金額の範囲内であればいつでも自由にキャッシングができる、とても便利なローンをいいます。

ろうきんのカードローン
カードローンの使途は、フリーローンと同様、原則、あらゆる目的に使うことが可能ですが、事業資金や投機目的、負債整理資金など、生活資金以外の利用は制限されています。

  名称については、ほとんどのろうきんにおいて「マイプラン」という名称を用いています。
 
カードローンの場合、不動産担保及び保証人は原則不要となっています。借入金額の上限は100万円~500万円、返済期間は1年ごとの自動更新となっていますので、残債がある間は毎月返納が発生します。
カードローンの金利タイプは、ほとんどが変動金利となっています。また、保証料については、ほとんどが保証料込または不要となっており、フリーローンと同様、「優遇金利」を適用しているところが多いようです。
 


Ⅵ.その他のローン


上記以外のローンとしては、以下のようなものがあります。
 
『福祉ローン』~医療や介護、育児、災害復旧などに関わる様々な資金として利用できる低利なローン(育児・介護のために休業中の生活資金としても利用することができ、その場合は元金据置することも可能)
『NPOサポートローン』~地域の福祉向上を目指すNPO法人の活動を支援することを目的としたNPO法人専用のローン
『年金ローン』~年金受給者を対象としたローン
『自治体提携融資』~各市町村に居住する勤労者の方を対象とした各自治体と提携したローン
『就職内定者向けローン』~就職内定者を対象としたローン

ろうきんの働く人のためのローン
『日本学生支援機構奨学生入学金ローン』
~日本学生支援機構の「入学時特別増額貸与奨学金」支給対象校に進学する奨学生を対象としたローン
『求職者支援資金融資』 ~雇用保険を受給できない方で、職業訓練受講中に支払われる給付金のみでは生活費が不足し、ハローワークにより「求職者支援資金融資要件確認書求職者」の発行を受け、かつ「職業訓練受講給付金」の支給決定を受けた方へのローン
『教育訓練受講者支援資金融資』 ~ハローワークが発行する「教育訓練受講者支援資金融資要件確認書受講者」を提出できる人を対象としたローン
『技能者育成資金融資』 ~厚生労働省制定の要領に定める資格要件を満たし能開施設の確認を得た人を対象としたローン
 
 

.