生活習慣病の原因を絶つ!
生活習慣病の原因を絶つ!

生活習慣病の怖さ

生活習慣病の怖さ!

『生活習慣病』は、「サイレント・キラー」と呼ばれ、自覚症状がないまま進行が続きます。
 そしてある日突然、発症し重大な結果を招く場合があるのです!

  • HOME
  • >
  • 生活習慣病の怖さ

『生活習慣病』の怖さ・・・

生活習慣病はサイレントキラー?
「生活習慣病」と呼ばれる糖尿病や脂質異常症、高血圧、高尿酸血症は、 本人に全く自覚症状のないままにひそかに進行する場合が多く 、そのため 知らないうちに動脈硬化が進行していき、ある日いきなり心筋梗塞や脳梗塞を引き起 こします 時には死にいたることもあるため、"サイレントキラー"(沈黙の殺人者)と呼ばれ ています。

また、健康診断の際に、お医者さんから生活習慣病と指摘されても、本人の自覚症状がないことから ついつい忘れがちになり、放ってお くケースが多く、気が付いたらいつの間にか重症になっていたということが多い のです。

ですから、 生活習慣病の怖さを十分認識し、まずは予防、そして早期に発見し治療することが大切なのです!

『生活習慣病』放置による死亡リスク

あなたはまだ死の階段を上り続けますか?
厚生労働省が平成14年に行った生活習慣病に関する実態調査では、「糖尿病」にかかっている人は740万人(予備群が880万人)、「高血圧症」が3,100万人(予備軍2,000万人)、高脂血症が3,000万人という数字が発表されています。

また、これらの生活習慣病が根源となって引き起こす重大疾患として、 悪性新生物(ガン)や心疾患、脳血管疾患(3大死因) などがありますが、 これらが原因による死亡率は全体の60%を占めています。

自覚症状の少ない「生活習慣病」を長年放置することは、確実に一歩ずつ「死」へとつながる階段を上っているようなものです。

ですから 「生活習慣病」の放置は"死"に繋がるということをあらためて認識し、早めの対策を講じる必要があるのです!

スポンサードリンク