一人暮らしの費用は大丈夫?

一人暮らしの費用は大丈夫?

一人暮らしの費用は大丈夫ですか?新たに社会人・学生になったあなた!一人暮らしはとても費用がかかりますよね。そんな人に必見!引越しの費用をはじめ、家具や家電、インテリアにかかる費用、生活費や光熱費の計算は?料理を工夫してどれだけ節約するか?ブログや口コミでのさまざまな知識をご紹介します。
 

.

一人暮らしの費用は大丈夫ですか?

一人暮らしにかかる費用は?
この春に新社会人や学生になって、一人暮らしを始めた方。一人暮らしにかかる生活費は大丈夫ですか?

 
今までは家族と一緒で何ひとつ不自由なく過ごしていた人は特に、一人暮らしにかかる費用で大変な目二逢っている方が多いのではないでしょうか。
 
また、学生で実家から仕送りをしてもらっている人も、それだけでは一人暮らしの生活費をすべてカバーできず、アルバイトを始めた人も多いと思います。
 
一方、これから一人暮らしを始める方も、生活費の準備は大丈夫ですか?引越し費用をはじめ、家具や家電などのインテリアや、部屋代、光熱費、食費など、相当の費用がかかります。
 
それでは、具体的にどんな費用がどのくらいかかるのかについてご説明したいと思います。

引越し料金はどれくらい?

 
まず、はじめに引越しにかかる費用ですが、通常は引越し専門業者に依頼するのが一般的ですので、そのケースで考えて見ましょう。
 
引越し料金は、一般的に基礎運賃・基礎作業料金+実費+付帯サービス料で構成されています。基礎運賃・基礎作業料金は引越作業の内容によって、「時間制」と「距離制」があり、時間制には4時間または8時間という基礎時間(軽貨物運送業の場合は2時間又は8時間)のほか、1時間を超過するごとに追加料金が加算されるしくみです。
 

引っ越しにかかる費用は?
距離制の場合は100Km(軽貨物運送業者の場合は30Km)という基礎距離があり、輸送距離がこれらを超過すると追加料金が加算されます。

 
これらは国土交通省によって定められている引越約款というものに基づいて計算されるので法外な料金をとられることは通常ありません。実費は、作業員の人件費やダンボールなどの資材費、高速道路料金などが含まれます。付帯サービス料とは、エアコンの取り付けやピアノの運搬料、不用品の処分費などがあります。
 
また、内金、手付金といった事前の料金徴収を請求することは禁止されていますから、万が一請求されても決して支払ってはいけません。 中にはキャンセルを少なくするために請求する悪質業者もあるようです。また、曜日や時間帯によっても料金が違いますので、あらかじめ調べておくとよいでしょう。今ではインターネットで簡単に一括見積もりができるサイトがありますので、利用すると便利です。

スポンサードリンク




アパートやマンションの家賃は?

次にアパートやマンションの家賃についてです。家賃は住む場所や広さ、建物の新しさなど、さまざまな要素がありますので、詳しい解説は省略しますが、一人暮らしならワンルームか2部屋ぐらいでいいのではしょうか。家賃が毎月かかるので、なるべく安くて手頃な物件を探しましょう。
 

家賃は大丈夫?
家賃は月額で一定の金額が決められますが、最初にアパートやマンションに入る際には、そのほかにさまざまな費用がかかります。

 
まず、「敷金」と呼ばれる費用は、いわゆる保証金のようなもので、一般的には家賃の2か月分が相場です。入居期間に入居者の方が原因で被害をこうむるようなケースに補償するためのもので、家賃滞納や部屋のメンテナンス費用としても用いられる場合があります。入居中に何もなければ退室時に返ってきます。
 
「礼金」は、家主へのお礼の意味を持つお金で、敷金とは異なり退居時に戻ってきません。1~2ヶ月分が相場ですが、最近では礼金ゼロの物件も多くなっているようです。
 
そのほかに、アパートやマンションを決める場合に仲介業者を利用する場合は、仲介料として家賃の1ヶ月分程度とられます。また家賃とは別に管理費(管理を管理会社に委託した場合)をとられるケースもあります。
 
ですから、一人暮らしでアパートなどに入る最初のときは、通常、家賃の5~6倍は準備しなければならないのです。家賃は言うまでもなく毎月必ず払わなければならない費用なので、使い込みすることのないように注意してくださいね。

家具や家電は?

今までご実家で生活していた方は、引越しの際に運ぶ物といっても、せいぜいベッドや机、タンス程度ではないでしょうか。
 
一人暮らしを始めるときは、そのほかに生活するための家具や家電などさまざまなものが必要となります。最低限、新たに必要のあるものをピックアップしてみましょう。
 

一人暮らしの家具選び
まず、家具・インテリア系でいえば、「カーテン」、「テーブル」あたりは必須ですね。カーペットやじゅうたんは、暮らす部屋の環境によって必要な場合もあります。食器棚も小さいものでいいのひとつ用意する必要があると思います。

 
テレビ、冷蔵庫、洗濯機の3品は「一人暮らしの必需品」といっても良いでしょう。テレビは余暇を過ごすためだけでなく、社会人としてまたは学生としてある一定の情報を収集するためにはどうしても必要ですし、冷蔵庫は食品保管のため、洗濯機は衣服の洗濯をするために必要です(今ではコインランドリーなどの便利なサービスもありますが、近くになければ必需品ですね)。
 
最低限の家電も必要
ほかには掃除機、炊飯器、電子レンジなども必要度は高いでしょう。パソコンや携帯電話は、今の時代では必需品になってきました。今まで何も気にしないで使っていたと思いますが、これからは通信費や電話料金を自分で支払わなければなりませんので、よく考慮する必要があります。

忘れてはならない!光熱費や水道代

光熱費は必ずかかる
意外と忘れがちなのが、「光熱費」や「水道料金」などの毎月かかる費用です。光熱費とは、文字通り電気代やガス代(場合によっては灯油代)など、生活に必要な光と熱を得るための費用です。電気料金やガス料金、水道料金などの公共料金は基本料金+1月~2月分の使用料金で計算されるのが普通です。

 
光熱費の場合は必ずかかる費用ですので、いかに費用を少なくするかが重要となります。実家にいたときのように電気を付けっ放しにすると、その分余計に電気代がかかりますので、節電のため小まめに電気を切る習慣をつけましょう!
 
光熱費の計算は重要!
ほかには、新聞をとるなら新聞代がかかりますし、パソコンや携帯電話は通信料がかかります。新聞は朝刊だけとか、パソコンがあるなら新聞はとらないでパソコンのニュースを見るとか、いろいろな節約方法を検討する必要がありそうです。

食費や交際費は?

最後に、食費や交際費などについてご説明しますね。なぜ、他の費用と区別したのかというと、実はこれらの費用はやり方次第でかなり節約できるからです。
 

意外とかかる外食費用
まず食費ですが、外食中心の食事にすれば月5万円は下らないでしょうし、自炊中心にすれば2万前後でもやっていけます。

 
最近テレビなどで「貧乏生活」の企画が結構人気になっていますが、あれと同じで、材料を切り詰めていけばかなりの節約が可能となります。ただし自炊の場合はある程度料理のレパートリーがなければ栄養がかたよった食事になりますので注意が必要です。
 
忘れちゃいけない交際費
交際費というのも忘れてはならない重要な費用です。社会人はもちろんのこと、学生であっても他人との付き合いが大切になります。もちろん、誘われるたびに付き合うことはできませんが、月に1~2回ぐらいはお付き合いしておかないと、そのうち相手にされなくなってしまいます。ただし、1回飲みに出かけるだけでも安いところで5千円、はしごをすれば1万円は飛んでしまいますので、その辺のところを十分留意してくださいね。

 
また、交際費と付随しますが、衣服や靴、調髪代などの身だしなみにも結構お金がかかります。
 
雑費(日用品の購入など)や貯蓄も考えなければなりませんし、一人暮らしって本当に費用がかかります。それをいかに計算してきちんと生活することが出来るかが大切なのです。

スポンサードリンク




一人暮らしの費用
ギャンブルには要注意!!

一人暮らしの方で何よりも一番注意していただきたいことがあります。それは「ギャンブル」にハマらないようにすることです。「ギャンブルなんか全然興味ない」と思っている人は特に要注意です。他人との付き合いの中でひょうなきっかけでハマってしまう人はたくさんいます。
 

パチンコも大負けするのです。
ギャンブルの始まりは、小さな「成功体験」いわゆる小銭を儲けたことからはじまります。そのような経験がキッカケとなって、徐々にハマっていきます。人間はとにかくギャンブルの好きな動物です。人間だけかもしれません。

 
ギャンブルといっても、いろいろありますが、日本の場合大別して「パチンコ、パチスロ」と「競馬、競輪、競艇」の2つが一般的です。パチンコは以前よりギャンブル性は薄れてきたといわれていますが、1日に10万円ぐらい負ける人もたくさんいます。競馬はもっとタチが悪く、倍率のゲームなので一攫千金を狙って数十万、あるいは数百万も賭ける人までいます。
 
ギャンブルはひそかにハマってしまう・・・
一人暮らしのあなたは、これらのギャンブルにハマる確率がきわめて高いといえます。ヒマな時間を埋める手段として恰好だからです。どうか、ギャンブルだけには手を染めないようにしてください。

いまどきの賢い節約術を
身につけよう!

カードのポイント
いまどきの節約術といえば、カード・ポイントによる節約が代表的でしょう。個々のカード名や詳細な内容は省略しますが、いずれにしてもカード・ポイントを貯めるための基本は、「1枚のカードへの一元化」です。
 

カードのポイントで節約を!
あなたが「これは」と思うカードがあれば、とにかくそのカードにポイントが貯まるようすべての消費をそこにまとめるようにします。

 
ポイントだけで判断してはいけません。カードにはさまざまな特典が付与されていますので、それらの条件を十分吟味して最良の一枚を選定してください。そして、ひたすらポイント付与です!
 
中古家電の罠・・・
少々昔なら、「家電は中古で安く済ませましょう!」というところでした。しかしながら、現在は事情が違ってきています。2つの理由があります。
 
中古家電購入には熟慮を・・
1つは、「電気代にかなり差がある」場合が多いことです。安くて見た目もまだまだ使える中古家電はたくさんありますが、実は消費電力が相当違ってくる場合があります。特に大型家電の冷蔵庫や洗濯機は要注意です!一概には言えませんが、中古家電を買う際には事前に電気消費量などについてじっくり調べておくことをお勧めします。

 
2つめは、「新製品の値段が下落」している点です。パソコン業界などは特にそうですが、ヘタな中古を買うよりもグレード下の新品を買う方が安上がりの場合が多いのです。当時はグレードが高かった中古であっても、現代の製品に比べれば性能が劣っている場合は少なくありません。家電は頻繁に買い替えることが少ないので、できれば新製品の格安をお勧めします。
 
ネットを最大限活用!
ネットで代行の節約生活をエンジョイ!
インターネットでこの情報をご覧のあなたは、もちろんパソコン・インターネット環境を持っておられるはずです。それならば、インターネットで節約に関するありとあらゆる情報を常に入手して、誰にも負けない節約生活をエンジョイしましょう!

 
エンジョイとは楽しみながら行うものです。どうか、苦痛にならない範囲で、夢や目標に向かって進んでいくことを心から願っています。

スポンサードリンク


一人暮らしの賢い節約術!

節約の方法は色々
限られた予算の中で一人暮らしをやっていくために、もっとも大切なことは、いかに「節約」をするかです。節約の方法もいろいろあります。今はインターネットなどで情報を入手するのは意外と簡単ですので、たくさんの情報の中から自分に合った方法を見出しましょう。

 
このサイトでは、他のサイトでよくあるように具体的に「○○円の節約」などといった表記はいたしません。なぜなら、それらの計算は人それぞれケースバイケースの値だからです。
 
また、節約を進めていくと、「通常はこのくらいかかっていた」という数字がドンドン変わっていきますので、いつのまにか「いったいどれくらい節約できてるんだ?」といったことが分からなくなってきます。冷静になって、最初の頃を思い出してみてはじめてその差がわかるというものです。
 
でも、そのような気持ちを持った時点であなたはすでに節約に成功しています!常に安く済ませる意識をしっかり心の隅に持っているからです。ただ、心配なのはこれがエスカレートして、「節約のために生きている」ような状態になることです(現にそういう人がかなりいます)。
 
節約の目的を明確に!
そのような生き方は結果として自分を見失わせることにつながるような気がします。何のために節約するのか?・・・それは、一義的には生活をするため。でも、引き続き「貯蓄をするため」と変わり、最後には「節約したいため」になります。

 
節約が目的になってはいけません。人それぞれに何か目標を持って、それを達成するために節約するのではないでしょうか。若い時代から、ただがむしゃらに節約して貯蓄して、お金が貯まったときには若き良き時代が終わっていた・・なんてことにならないとも限りません。
 
どうか、そのような形での節約ではなく、何か夢や目標を達成するための「節約」にしていただきたいと思います。